甘草由来の植物原料の違い

ベルブランは、肌質の改善を重視しており、リプロスキンはニキビ跡の解消に効果的ということが特徴です。
この効果の違いとは、配合している成分が関係しています。

 

 

ただし、ベルブランとリプロスキンは、共に甘草由来の植物原料を使用しているという点は共通しており、全く正反対の内容というわけではありません。

 

 

そのうえでこれらの成分的な違いとは、ベルブランの油溶性甘草エキスが浸透力を目的としているのに対して、リプロスキンのGlycyrrhizin dipotassiumは肌を正常な状態に回復することを目的としています。

 

 

なお、これらの成分はともに漢方生薬にも使用されているもので、副作用の違いとはという点においては共通しており、基本的には心配ありません。

 

 

青春のシンボルとも呼ばれている様に、ニキビは10代に大量に発生することを特徴としている皮膚の炎症性疾患です。

 

 

これは、この時期に皮脂の分泌量が急増するからで、これを餌にしてアクネ菌が大量に増殖することによるものです。

 

 

これにより、毛穴が塞がれるうえに深い部分が傷つけられるので、炎症が発生することになります。

 

 

つまり、皮脂と細菌との相互作用が根本的な原因ということで、10代特有の症状というわけではありません。

 

 

ちなみに、20代後半以降に出来るものについては、思春期のものと区分するために大人ニキビと呼ばれています。
これらは、思春期のものとは異なり、ニキビ跡が残りやすいということが最大の問題です。

 

このニキビ跡を改善するためのスキンケアアイテムとして、人気を集めているのがベルブランとリプロスキンです。

 

関連ページ

ベルブランとメルラインの違い
ベルブランとメルラインの違いを比較しています。
ベルブランとビーグレンの違いを比較!
ベルブランとビーグレンの違いを比較しました!
ベルブランとエクラシャルムの違いを比較
ベルブランとエクラシャルムの違いを比較しました!
ベルブランとベルリアンの違い
ベルブランとベルリアンの違いを比較しました!